ホーム   |  お問合わせ

会社情報

南寶国際バイオテック株式会社は1975年に創立され、台湾南部で初めて設置されたスピルリナ培養メーカーです。

南寶国際バイオテック スピルリナの父
南寶グループの創設者である黄堂慶雲博士は台南生まれで、父は台南の名高い漢方医でありました。しかし、黄創設者は父の後を継ぎませんでした。それは、現代科学技術を通じて、より多くの方々のに幸福をもたらしたいと考えたためであります。

 

 

 

渡辺篤博士(左)、クレメント
(G. Clement)博士(右)

黄堂慶雲博士は微生物学者である東京大学名誉教授・渡辺篤博士との対話から、歴史文献の中に記され、古代から生存している生物-スピルリナが豊富な栄養価値を持つことに気付きました。幾度もの探求を経てから、つい自分の生まれ育った故郷である台南がスピルリナを培養するにはもってこいの場所であることを発見しました。これにより、黄創設者とスピルリナとの深い縁が結びつき、黄創設者はスピルリナの培養と研究開発の道を歩み始めました。

 

当社の努力の末、スピルリナの生産技術は1㏄の培養から、現在の大量生産に至っています。そして、その品質はいくつもの賞に輝いた上に、多数の国際認証も受けており、世界レベルの品質に達しております。